MENU

家を高く売りたいなら一括査定サイトがおすすめです

お持ちの不動産を少しでも高く売りたい!

 

家の正確な価格は不動産鑑定士に査定を依頼しないと分かりません。

 

しかし、ある程度の相場であれば下記の方法により簡単に調べることができます。

 

イエウール

1分間の入力だけで、最大6社の査定額が比較できます。

 

住所と物件所在地、

 

おおよその間取り、築年数を入力するとすぐに査定スタートです。

 

国内で1200社を超える不動産会社が参画しているイエウール、

 

おすすめできる不動産売却査定サイトです

イエイ

特徴 2008年から運営していて運営歴が長い

スマイスター

スマイスターなら最短45秒で見積もり可能です!

 

イエウール、イエイ、スマイスター、ともに150万人以上の利用実績がありますので安心してご利用できます。

 

 

 

親から相続した家を売る場合
将来的にその家に住む予定があるのなら、その間を賃貸に出すのはありですが、空き家のままにしておくと、平成27年2月に施行された「空き家対策特別措置法」の対象になりますのでおすすめできません。

 

将来的に相続した家に住む予定がなければ、売却することをおすすめします。

 

 

 

築古物件の場合

 

 

築40年以上の築古物件の場合は、更地にした方がよいのか?

 

そのままの方が良いのか?

 

更地にするデメリットは?
固定資産税が約4倍くらいまであがってしまう。
家を壊す解体費用が必要になる。

 

坪数 木造2階建て RC造
20坪

60〜80万円

100〜120万円

25坪

80〜100万円

130〜150万円

30坪

90〜125万円

150〜200万円

 

※一般的な解体費用の相場は、木造で3万から/坪、RC造で5万から/坪 くらいですね。

 

 

そのままの状態、「中古物件」で売った方が良いのか、家を解体し更地にしてから「売り土地」として売った方が良いのかわからない場合は、その両方の2本立てで売りに出す裏ワザもあります。

 

 

こうすると

 

 

土地を探している人にとっては家があると「家を壊す費用」のことがあるため、「どの程度いるのだろう?」というマイナスイメージがつきまといやすいです。

 

おそらく買主は、解体費用を考えてその分の値引きを強く要求してくるでしょう。

 

つまり、希望価格より百万円単位の値下げしなくてはいけないという事になりますね。

 

しかし、普通の中古物件であっても値引き交渉は100%行われていますので、あまり過度に気にする必要はありませんが、百万円単位の値下げは結構きついところです。

 

 

 

リフォーム

 

綺麗にリフォームしてから家を売るというケースについてですが、

 

これは基本的にやめておいた方が良いでしょう。

 

その理由はリフォームした元が取れないからです。

 

壁や畳があまりに汚れている時は、壁紙の張り替え程度なら結構安い金額でイメージアップできるのでやってもいいかなと思いますが、大がかりなリフォームはほとんど元をとれないのでおすすめできません。

 

水周りは、ハウスクリーニング程度でとどめておくベきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の査定マンは物件のこんなところを見ています。

 

 

物件について

  • 日当たりと風通し
  • 水回り
  • 駐車場の有無

 

 

周りの環境について

  • 家に駐車場が無い場合は、付近に空いている駐車場があるかどうか
  • 治安はどうか
  • コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)など利便性はどうか

 

 

 

 

 

家を売る時の流れ

1、不動産会社に査定を依頼

 

 

不動産業者から査定額の提示額を受ける

 

 

納得すれば、その業者と契約

 

 

売り物件の内覧スタート

 

 

売買契約

 

 

売買代金の清算

 

 

買主へ引き渡し

 

ポイント!
知っておいて欲しいのは、「スピーディに高く売却というのは難しい」ということ。

 

物件のポテンシャルが人気物件か、好立地でないと、タイミングよく希望する価格で購入してくれる方はなかなか現れないという事です。

 

その理由は、現在は新築の物件の価格が値下がりしているからで、中古の家を高く売りたいならある程度の時間が必要だということですね。

 

 

 

 

不動産会社との契約

担当の営業マンと相談しながら、家の売却希望価格を決めていきます。

 

普通は査定依頼で出された査定価格をベースにし、その価格に若干上乗せした価格で売り出します。

 

 

家を売買するときは、買主さんが100%近い確率で値引きを要求してきますので、なので、初めから相場価格にしておくと、相場よりも安い価格でしか売れなくなります。

 

家を高く売りたい人は、最初の売り出し価格はやや高めが鉄則なんですが、高めに設定すると買主さんが見つかりにくいというデメリットもあるので難しいところです。

 

なので、最初の売り出し価格は、担当の営業マンと相談しながら慎重に決める必要があります。

 

 

 

買主へ引き渡し

家の所有権を売主から買主さんへ移転させる手続きが必要です。

 

移転手続きは、自分でもできないことはありませんが、司法書士に依頼することが普通です。(15万円程度)

 

司法書士が書類等をチェックして、問題が無ければ支払手続きに入ります。

 

売主さんが家を売ったお金でで住宅ローンを完済する時は、その家に設定してある抵当権を抹消しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を売る前に絶対にやった方が良いこと。

  • 自宅の周りの土地の価格を調べてみる
  • 1社だけではなく複数の不動産屋に査定してもらう

 

 

徹底したお掃除

 

 

薄汚い家(マンション)は誰も買おうと思わない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せな家庭をつくろうと思って、買った家やマンション・・・。

 

それが夫婦仲の悪化によってせっかく買った家を手放さなければならない事になるとは本当につらい事なんですが、離婚というのは別れたらそれで終わりという単純な話ではありません。

 

 

当然ながらのさまざまな問題が発生してきます。

 

 

 

特に、トラブルの多いのは離婚する時にまだ住宅ローンの残債がある場合です。

 

  1. 家の名義を共同名義にしている
  2. 夫婦2人で住宅ローンを組んでいる人

 

上記の2つは特にトラブルが多いです。

 

よって、住宅ローンが残ったままで離婚すると、後々取り返しのつかない事態に陥ってしまうので、離婚前にきちんと話し合うことです。

 

できるだけ離婚前に家を売却して、住宅ローンをきれいに完済しておくことですね。

 

結婚して間もない人等は、住宅ローンの残債が多すぎて、家を売っても全て返せないケースも多いです。

 

 

 

 

住宅ローンの残債のある家

 

家の売却を検討するときに支障になるのが、オーバーローン問題です。

 

オーバーローンとは、家の売却評価額よりも住宅ローンの残債額が多い状態のことを一般に言っています。そして、そのような状態の家をオーバーローン住宅と言っています。

 

 

オーバーローン

 

住宅ローン残債額>家の評価額

 

 

簡単に言うと家のローンがまだ3000万円残っているのに、家の評価額は2500万円という状態のことを指します。

 

しかし、住宅ローンの残債よりも高い価格で家が売れることは、なかなかありません。

 

 

まずは、離婚がきまった後、私は実家に帰るつもりでいたので、今住んでいる家(分譲マンション)を売却するしかないと思いました。

 

今住んでいる家は木造の3階建ての3LDKです。

 

まずは、近くの近鉄不動産へ行って不動産売却の相談しに行きました。

 

相談が終わったあとに、ピタットハウス、センチュリー21もありました。

 

でも、一社一社足を運んで査定してもらうのは非常に面倒だったです。

 

 

また、住宅ローンがまだ残っていたために、できるだけ不動産を高く売る必要があったのです。

あなたが持っている不動産の価値を算出する方法としては

 

現在3つの算出法があります。

 

 

原価法

 

収益還元法

 

取引事例比較法

 

 

 

 

 

ネットで近所の不動産屋を探してみました。

 

住友林業ホームサービス
長谷工リアルエステート
三井住友トラスト不動産
近鉄不動産

 

 

 

近鉄不動産では2800万の値が付きましたが、長谷工では2900万円の値が付きました。

 

これだけでも100万円の差があります。

 

 

でも、私は長谷工リアルエステートよりも高い査定額を出してくれる不動産屋があるに違いないと直感しました。

 

しかし、 この業界は大手が必ずしも有利な査定額を出してくれるとも限らないようですね。

 

さて中小規模の不動産屋を入れるととてつもない数になります。

 

これだけの不動産屋を個人でまわるのはちょっと不可能でした。

 

サラリーマンなので、仕事の都合もあってあまりにも多くの不動産屋に回ることはできません。

 

 

上記の不動産査定サイトを使ったところ、

 

地場の不動産屋の野村不動産が3050万円で高額買取してくれました。

 

 

住宅ローンの残債までにはならなかったものの満足な査定額でした。

 

今すぐに売る気はないものの、現在の不動産の価格はどれくらいなのか気になるところです。

 

三井住友 銀行で借りた3000万円の住宅ローンが残っているわけです。

 

 

 

 

 

家を売る 税金

 

購入価格よりも安い価格で売れた場合

 

税金はかかりません。

 

また、所得税の還付を受けられる場合があります。

 

 

購入価格よりも高い価格で売れた場合

 

確定申告が必要となり、所得税と住民税としてとられますが、譲渡所得が3000万円以下なら無税となります。

 

 

譲渡所得とは?

 

譲渡所得=売却価格-(購入価格+取得費+譲渡費用)

 

取得費=購入の時に必要な手数料など
譲渡費用=売却時に必要な手数料など

 

 

 

簡単に言いますと・・・、

 

売った金額から購入額と購入に関する経費を引いた金額が3000万円以下なら税金はかからないということです。


 

 

 

 

家を売る 手数料

 

 

家を売った時にかかる手数料(費用)一覧

 

  1. 不動産屋さんの仲介手数料
  2. 印紙代
  3. 抵当権抹消登記費用
  4. ローン返済分
  5. 税金

 

 

 

 

仲介手数料

 

売る時の仲介手数料=取引価格×3%+6万円+消費税

 

 

取引価格 仲介手数料
1,000万 38.8万円
1,500万 55.0万円
2,000万 71.0万円
2,500万 87.0万円
3,000万 103万円
3,500万 112万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産査定会社一覧

 

  • みずほ不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • スターツビタットハウス
  • 日本住宅流通株式会社
  • 大成有楽不動産販売
  • 三井住友トラスト不動産
  • 住友林業ホームサービス
  • 近鉄不動産
  • MIKUNI
  • ホームプランナー
  • 東武の仲介
  • センチュリー21
  • 長谷工 リアルエステート
  • 福屋不動産販売
  • ランドネット
  • イーアス不動産
  • ロイヤルハウジング販売
  • アフターホーム

 

 

 

特に今は不動産の業界は活況のようで、東京オリンピックまではこの活況が続きそうです。

 

しかし、実際に東京では不動産を買いたい人よりも売りたい人が多い状態なので、不動産の価格が高止まりしている状態です。

 

このあたりの不動産価格がピーク近くまで達していると思われます。

 

よって、高値で売るチャンスというのは2018〜2020年くらいまででしょう!

 

東京オリンピックを過ぎるとお持ちの不動産価格は下落する可能性が高いです。

 

東京や大阪、名古屋などの大都市部の不動産の価格は活況ですが、

 

特に三大都市以 外の福岡、札幌、神戸などの地方都市の不動産価格はすでに下落しているところも多く、不動産を高く売りたいなら、今なのかも知れませんね。

 

特に不動産屋の営業マンは押しが強い人が多いです。

 

よほどの物件でない限り安く売ってくれという圧力をかけてきます。

 

この圧力というか無言のプレッシャーが嫌いな人は

 

前もって不動産査定サイトで自宅の家の相場をチェックしておいた方がよさそうです。

 

そうすると営業マンの営業トークに乗せられて安く売却してしまったという大失敗を防げます。

 

 

 

不動産査定サイトでは、

 

築浅の木造の戸建てはもちろん、RCのワンルームマンション、ファミリータイプのマンション

 

築30年以上の 築古物件、売り土地(更地)など、どんな物件でも査定額がでます。

 

 

サイト管理人は残念ながら、

 

離婚という残念な理由で自宅を手放さないといけなくなってしまいました。

 

しかし、自宅を高く売るというノウハウはこのサイトをご覧になっていただいている皆様にも参考になると思います。

 

 

 

家を査定してくれる地域

 

大手の不動産査定会社は全国規模ですが、地場の査定会社は本社があるエリアとその付近の地域2〜3都道府県限定の場合がほとんどです。

 

 

北海道、青森

 

岩手、宮城、秋田、山形

 

福島、新潟、
富山、石川、茨城、千葉、栃木、群馬

 

埼玉、東京、山梨、神奈川、静岡、愛知、三重、

 

奈良、大阪、和歌山、滋賀、京都、福井、兵庫、

 

鳥取、島根、岡山、広島、山口、

 

香川、徳島、愛媛、高知

 

福岡、大分、宮崎、熊本、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄

 

 

 

 

イエウール 査定

 

 

その他

家 売る 相場